NTTコミュニケーションズ・インターネット検定

 ドットコムメイト [ .com Mate ] 受検記(旧)

 NTTコミュニケーションズのインターネット検定 『.com Mate (ドットコムメイト)』 旧バージョン(2004年3月まで)の受検記と検定内容
楽天ブックス[160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!]
 Topひとつ前へ
Menu
■インターネット検定
「.com Master」について
.com Mateについて

「.com Mate」モニター版
受検しました!


■受検対策書籍
 シングルスター★
 ダブルスター ★★
 トリプルスター★★★


◎ Link!
NTTコミュニケーションズ
インターネット検定
公式サイト

 → .com Mate

ドットコムマスターネット

ドットコムマスター養成塾 moc.

0からはじめるIT資格

IT資格情報提供の部屋(pafu)


All About
[IT関連の資格]


All About
[パソコンスキルの初歩・資格]


Click Here!

↓中古本を探すなら↓
Click Here!

不要な本はリサイクル!
Click Here!


■04年4月19日より .com Mate (ドットコムメイト)」が新しくなりました!

「受検者の回答状況によって、出題される問題が異なる アダプティブ方式を採用することにより、さらに 詳細にスキルを判定することが可能で、今後の学習方法も より詳しく理解することができます」とのこと。
新しくなった「.com Mate (ドットコムメイト)」情報はこちらへ

※このページの情報は、2004年3月までの内容です。

■ 「.com Mate」 受検してみました!

date : 2003.11.2

ここのところ、「インターネット検定」づいている私(ウェブマスター)としては、受けなきゃいけないだろう!(笑)と思い、さっそく受検してみました。
#あ、人に勧めるには内容を確認してみなきゃマズイでしょ、っていうのが本音です。
 本当ですよ〜(^^ゞ

○申込み

「.com Mate(ドットコムメイト)」のサイトから、「申し込んでみる!」をクリック。
すると、まずここで「スコアシート」を申し込むか、申し込まないか、を選択します。
私の場合はとりあえず、受検した「証し」を欲しがるので(笑)「スコアシートを申し込まれる方」のほうをクリック。(でも結果的には... 後述)
「受検までの流れ」が表示され、素直に[Step 1]の「動作環境の確認」からクリック
必要な「動作環境」が表示されるけど「ウチのPCは大丈夫〜」と動作環境のテストへ
しかし・・・ ここで「Flash」のプラグイン(最新版)がインストールされてなかったのが発覚!(^^ゞ
さっそくマクロメディアのホームページからインストールして、今度はOK
回線速度チェックなどを行って、動作チェック終了です。


 ☆受検されるみなさん、きちんとチェックを行いましょう!

[Step 2]でメールアドレスを登録すると自分のアドレスに【インターネット検定「.com Mate」お申込手続きのご案内 】が届くので(Step 3)、そこに書かれているURLをクリックし、[Step 4]申込フォームに記入します。
(ここでログインに必要なパスワードを自分で設定)
そして[Step 5]支払方法を選択して(今回はカードのオンライン決済) 【インターネット検定「.com Mate」 申込受領通知】のメールが届けば(Step 6)、それで[Step 7]申込手続き完了。
いよいよ[Step 8]ログインURLをクリックして「検定開始」です。


○いよいよ試験!

一応、「.com Master ★ 2002」に合格していたので、今回は特に予備学習をせずに受検してみましたが、内容的には「やっぱり、このあたりのことは知識として持っていたほうがいいよな」(ユーザーとして)と思えるものでした。

50問の選択問題で、解答にチェックを入れて進んでいくんですが、「戻る」こともできれば、「マーク」をつけておいて 後で見直しもできる、というとても親切なシステムです。
内容もインターネットに関する仕組みや、マナーやネチケット、PCのハードウェアに関することなど、バランスよく出題されていたように思います。

全部の解答欄が埋まっていて、「終了」をクリックすれば検定は終了。
受検時間は40分ですので、時間が来てしまえば終了されてしまいますが、わりと余裕はあると思います。

検定終了後にすぐ結果スコアが表示されるのも「Web受検」のいいところ。
総合得点は 100点満点で表示され、各項目ごとの正答率やアドバイスが表示されます。
このページは印刷できますので、ぜひ記念に印刷しておきましょう!(^^)

 ☆用紙を横向きに設定して印刷してくださいネ


  ちなみに私は・・・なんとか(?)100点でした(^^)v

○試験を終えて...

問題の難易度としては、NASKA(パソコンネットワーク利用技術試験)のノービスクラスと同程度でしょうか。インターネット実務検定の3級よりは難易度は低いと思います。

自分の知識はどんなレベルか?どんな知識が不足しているのか?などなど、なかなか客観的に判断できる機会はないのですが、低コストで手軽に受検できる、という点で、家庭で、あるいは業務上でインターネットを利用しているオトナたちにはもちろんのこと、子供たちにもぜひ受検させてみたいと思いました。

学習方法ですが、ドットコムメイト向けのテキストは 今のところ NTT Com チェオの「.com Mate(ドットコムメイト)学習テキスト(\2,940 税・送料込) しかないようですが、インターネット実務検定3級公式認定テキスト(2,100円 税込)PAT認定試験2級/3級合格対策試験問題集(2004年版)(2,100円 税込)、さらなるステップアップも考えていらっしゃる方でしたら 「 .com Master★ シングルスター公式テキスト」で勉強するのも いいかと思います。
(あんがい 高校の「情報」の教科書なんかが、いいかもしれませんね〜)
また、インターネット上でも有用なサイトは多数ありますので、そちらで勉強するのも いいと思います。

≪ワタシ的 結論≫
「.com Master」を狙おう、というような方は別にして、インターネットを利用するみなさんには、「スキルチェック」や「どんな知識が必要なのか?」を知る意味からも、ぜひ一度は受検していただきたいと思う、イチオシ検定です!

ps.
「スコアシート」ですが、なかなか立派ではあるものの...記載された内容はWebを印刷したものとなんら変わらず、ドットコムマスターのような「認定証」をイメージしていた私としては、ちょっとさびしかったです(^^ゞ
タイトルを『スコア 認定証』とかにして、点数をもっと大きくするとか・・・
どうせだったら「.com Master」のようなカードのほうがよかったな〜(希望)
 #でも点数を記載するのが難しいかも(^^ゞ

スコアシート(表)
スコアシート(裏)
 → .com Master(ドットコムマスター)の紹介はこちら
Click Here!

■2004年3月までの「ドットコムメイト(.com Mate)」の内容

.com Mate (ドットコムメイト)って?
インターネットは、電話やテレビのように、普段の生活の中で欠かせないものになりつつあります。はじめるのはカンタンになったし、なんとなく使えちゃうインターネット。
でも、知らず知らずのうちにまわりの人に迷惑をかけたり、セキュリティ上の危険が伴ったりすることがあるのもインターネットです。

NTTコミュニケーションズのインターネット検定「.com Mate (ドットコムメイト)」は、インターネットを利用する誰もが 快適かつ安全にインターネットを利用するために必要不可欠な「基礎知識習得の促進」を目的に 2003年10月より創設された、新しい検定です。

インターネット利用者として、現状の自分の知識の確認と、インターネットを楽しく安全に利用するために必要な知識やスキル習得の指標を確認することができると思います。
インターネット社会への参加に必要なインターネット リテラシーの向上を目指すには、まさにうってつけの実力判定です。

(財)インターネット協会(社)日本インターネットプロバイダー協会からも『推奨検定』として推薦されています。また、ドットコムマスターとともに 札幌市のIT系資格推奨 第一号となりました!

■判定の対象と内容は?
出題範囲は、インターネットをはじめた利用者が、インターネットを楽しく安全に使うために必要な知識、ルールを対象とし、 インターネットユーザーとしての IT社会における適合度合いを、以下の各項目ごと、及び 総合 での正解率を数値化した得点により、到達度を判定してくれます。

1.パソコン活用の基礎(実践力)
パソコンの基本的な構成の理解と操作
 ・PCの活用について
 ・OSについて
 ・周辺機器について
 ・トラブル
2.インターネット活用の基礎(実践力)
インターネットの基本的なアプリケーションの理解と操作
 ・ブラウザでできること
 ・メールソフトできること
 ・トラブル
3.インターネット社会の安全性・モラル(参画する態度)
インターネット上の基本的なサービスの理解と安全な利用
ネチケット、利用上の注意
 ・ネチケット
 ・プライバシー
 ・ウイルス対策
 ・ネット犯罪と法律違反
 ・知的所有権と著作権
4.コンピュータとインターネットの基礎知識(科学的な理解)
基礎的なIT用語の意味の理解
 ・PCについて
 ・ファイルについて
 ・ホームページについて
 ・インターネット接続について


■検定実施要項 ( 費用 etc.)
指定のURLにアクセスし、インターネット上で検定を受けることができます

出題数
及び 制限時間
 多肢選択方式 50問
 40分

申込期間 公式サイトより、随時申込可能
 ※但し、申込手続完了日から30日以内に受検しなければなりません。

検定料  1,575円 (税込)

スコア認定  100点満点で、取得した得点をスコアとして認定します。
 (Webページがプリントアウトできます)
 また、希望により「コメント付きスコアシート」が発行されます。
※スコアシートを希望する場合は、別途 1,365円(税込)必要です。
 また検定申込時の受付のみとなります。


支払方法クレジットカード および コンビニで支払いが可能です。
 利用可能なカード :NTTグループカード、VISA、MasterCard、JCB、UC
 利用可能なコンビニ:ローソン、セイコーマート
 (セイコーマートは北海道・関東のみ)

■受検に必要な環境

CPUIntel Celeron、または PentiumII以上(500MHz以上)または PowerPC604以上(200MHz以上)
メインメモリ64MB 以上
※オペレーティングシステム環境のメインメモリ容量を満たしていること
オペレーティング
システム
Windows NT, Windows98, Windows Me, Windows 2000, Windows XP, Mac OS9以上, Mac OS X v10.1以上
ブラウザ Internet Explorer 4 以上、Netscape 4.7 以上
画面解像度800×600ピクセル 以上
回線 推奨回線速度は36kbps 以上
※複数人同時に検定を受検する場合、同時アクセス可能な目安は
 20人、300kbpsです。また、推奨回線速度を確保できない場合でも
 受検は可能ですが、データのダウンロードに時間がかかる場合があります。
その他 Javascriptを使用できる設定となっていること
Cookieを使用できる設定となっていること
マクロメディア Flash プラグイン:バージョン6以上
(最新のFlashプラグインをダウンロードすることをお勧めします)
※必ず申し込み前に、申込ページにある「動作環境の確認」を行いましょう!

Click Here!

 Topひとつ前へ